<久米奥武島>

シールガチ橋

久米島と奥武島の間にある迷所。特に潮が満ちているときは海に何故か歩道橋だけある光景。でも干潮時は水路を渡るために利用できることが分かります。この橋を利用すれば久米島から奥武島まで新奥武橋を使わないでも奥武島に渡ることができます。「シールガチ」の名前の由来は「シール」はこのあたりの地名らしく、「ガチ」は「カチ=魚垣」のことでまさに干潮時にできる潮だまりへ行くための橋って意味です。橋は満潮時の波にさらされても上部なしっかりとしたコンクリート造で、遠くから見ると小さなゲートのように見えますが、実際に近くにいくとかなり大きい。橋の下を船が今でも往来するので、それなりの規模になっています。橋まで行く場合はくれぐれも潮が引いた時間帯にしましょう。釣り人が多く集まるエリアなので、その人達がいれば行ける証拠です。


<スポンサードリンク>

▼シールガチ橋のクチコミ情報

<クチコミ情報は未登録>

▼シールガチ橋の周辺グルメ情報

ぐるなび掲載の周辺グルメ情報(26軒)

久米奥武島の情報に戻る

<スポンサードリンク>


▼沖縄モバイル全体から検索

トップページ

<スポンサードリンク>
PCサイト版のページを見る