<オーハ島>

イチュンザリーフ

巨大なリーフに囲まれたイチュンザ岩北側。干潮時は巨大な干潟になり、もはや大陸レベル。しかもすぐ近くにリーフがあるので、干潮時の大陸には生き生きしたサンゴが多いのが特徴。海の透明度も高く、泳いだら楽しそうですが、いかんせんリーフエッジなので波が荒くエントリーもままなりません。そもそも潮が引いたときしか大陸になりませんので、泳ぐのは無理。磯遊びにはとても楽しいですが、とにかく広大で、しかもここまで来るのに奥武島やシールガチ橋を経由しないとたどり着けませんので、気軽に行けません。でもサンゴの豊かさは久米島でもトップクラスかも?また干潟には生物も多く、中でも小さなウツボが多かった。大きなウナギレベルなので怖さはありませんが、一瞬ウミヘビと見間違いますので、ある意味怖いかも?


<スポンサードリンク>

▼イチュンザリーフのクチコミ情報

<クチコミ情報は未登録>

▼イチュンザリーフの周辺グルメ情報

ぐるなび掲載の周辺グルメ情報(14軒)

オーハ島の情報に戻る

<スポンサードリンク>


▼沖縄モバイル全体から検索

トップページ

<スポンサードリンク>
PCサイト版のページを見る